イベントサロンでお金の話

イベントサロンにゲストスピーカーとして参加してきました。イベントサロンに参加するのは二回目ですが、回を増すごとに参加者が増えていて、今回は30名ぐらいの方がいらっしゃっていたように思います。

イベントサロンとは

「おおいたイベントサロン」とは、毎月様々なジャンルのゲストをお招きしてのセミナー、そして参加者同士のざっくばらんな交流会を通じて、大分を中心としたイベントに関する知識やノウハウを習得・共有するコラボ型のイベントです!

だ、そうです。実際に一回目から経験者の話や、若者向けのイベントの話、マルシェ主催者の話と開催されています。次回はユニバーサルデザインの話や、webでの告知の方法、イベント告知のデザインの話などが予定されていて、イベントをこれから開催したいと考えている人にはおいしいイベントでございます。しかも、その道のプロの話がわずか500円!参加しておいて損はない!

 

イベントのお金の話

第4回目のテーマは「イベント運営のための資金集め」。大分市補助金の活用方法やクラウドファンディングCAMPFIREの活用法を中心に様々な資金集めの方法についての内容でした。自分は、イベント補助金を実際に使ってみての体験談、市街地でイベントをやる上での注意点、そしてスポンサー集めについて少しだけおしゃべりをさせて頂きました。

facebookイベントページ → https://www.facebook.com/events/1352551244819601/

 

大分市中心市街地でのイベント開催をサポートする補助金について

最初の登壇者は、大分市商工労働観光部商工労政課商業にぎわい担当班から利光さん。大分市中心市街地商都復活支援事業の中のイベント開催事業(勝手に通称イベント補助金)のご紹介。この補助金って、100万円上限の50%補助まで出ます(つまり最大総予算200万の50%の100万。上限が100万なので総予算300万でも100万までです)。他市町村の方から聞いたのですが、イベント開催の補助でこれだけの金額が出るって中々ないらしく、「色々言っても大分市はお金持ちだよ〜」とハウズライフのときに聞いたことがあります。まぁ確かにといえば確かに。でも、大きいイベントをやろうとすると100万じゃ足りないんですよね。でも、ないよりはもちろんいい。ここら辺がジレンマ的なやつです。

大分市中心市街地商都復活支援事業HP → http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1455607383200/index.html

 

イベント補助金を利用してみて気づいた気をつけるポイント

自分は2番目に30分ぐらいお話をさせて頂きました。ファッションショーを含めてたぶん五回ぐらいは使ったことがあります。間接的なものを合わせるともっとかもしれません。行政の補助金ですので、年度ごとにちょこっとずつ改変されますので、市の方に確認をしながら自分が気になったこと、特に最初に大変だったこと、めんどくせーなー!と思ったことなどを、まぁいつもよりは結構マジメにしゃべれたと思います。個人的にはスーパー手応えありだったのですが、皆さんはどうだったんでしょう(笑)感想を聞いてみたいところです。(画像はFBイベントページから勝手に拝借)

 

クラウドファンディングをつかおう

最後に、3月に開設されたCAMPFIRE OITAを運営している”株式会社やまとうた”より、インターンの学生がクラウドファンディングについて紹介してくれました。クラウドファンディングも内容はもちろんですが、めちゃくちゃしっかりとした学生で素晴らしいプレゼン。最近の学生はすごいですね。インターンをしようと思うぐらいの子は、やっぱり気持ちが違うのかも。ちなみに彼はCAMPFIRE OITAの立ち上げイベントの際、たまたま海外にいて、それでも参加したいからとskypeで参加していた中々ファンキーな学生でした。

CAMPFIRE OITA → https://local.camp-fire.jp/areas/oita/yamatouta

 

補助金を使うときはしっかり準備を。

なんかしら補助金等を利用したことがある方はおわかりかと思いますが、行政の書類ってめっちゃ面倒なんですよ。このイベント補助金はちょっと楽な方ではありますが、それでも全く初めての人はちょっと大変なんじゃないかなぁと思います。なので、思いつきのテンションでワーっとやっちゃうのはいいのですが、その中にちょこっと計画性がないと色々とうまくいかなくなったりします。特に市街地でのイベントは気にしないといけないことが多いので…。ですので、ご利用される際はしっかり準備してステキなイベントでマチを盛り上げて楽しんで頂けたらなと思います。

個人的に、補助金にもクラウドファンディングにも言えることですが、チャレンジしてみると自分のイベント内容の整理に役に立ち、それがどうなのかがよく見えてきます。もちろん大変ではありますが、資金調達がうまくいくかいかないかよりも、”今一度見直してより良いイベントにする”という意味ではチャレンジしてみて損はないんじゃないかと思います。

おもしろいイベントがマチに増えれば”おもしろいマチ”と思われるでしょうし、でもその逆もしかり。せっかくですので、おもしろいイベントをやって楽しかったなぁとみんなでうまい酒を飲みましょう!(そればっかり)

 

ゴトウ ヨウスケ

補助金申請を含めたイベント開催の色々なこと考えるのとかめんどくせーと思ったら、ご一報下さい。企画書の作成やら業者の手配とかチラシ作ったりとか…etc. 何から何までお手伝いします。お話する窓口が一つになるんで楽ですよ!あ、お金はもらいますけどね!

https://www.facebook.com/510ysk